EVENT 2016




ENJOY LOCAL! シマシマしまね、おひろめ会
‥シマシマしまねとは。

2017年4月、雲南市大東町はたひよどりに「シマシマしまね」がオープンします。
コンセプトは、「島根を知る、学ぶ、楽しむ」。
島根の素材を使ったお料理ワークショップや、ショップ、ギャラリーなど、
島根にある19の市町村を楽しむための面白いこと、素敵なことを皆さんにお伝えし、分かち合うための施設です。
ひとりひとりが島根をもっと好きになることで、日々の暮らしが楽しく、豊かなものになる。
「地域」と「暮らし」が近づき、つながるような場所を目指しています。

今回の「おひろめ会」は、施設のコンセプトを皆さまに知って頂き、直に声を聞かせていただくためのイベントです。
ぜひ「シマシマしまね」へお越し頂き、皆さんの好きな島根のあれこれを私たちに教えてください!


- - - イベント内容 - - -




◆ おひろめ会1日目(23日限定)島根素材のタルトを作ってくださるお店 
松江市 ラ・クレーム デ・クレームさん、大田市 ドマカフェさん、江津市 風のえんがわさん



そのほか、23日は「島根素材を挟んで楽しむ!どら焼きワークショップ」があります。
予約不要、参加自由です。
数に限りがありますので、材料がなくなり次第終了となります。



◆ おひろめ会2日目(24日限定)島根素材のマフィンを作ってくださるお店
松江市 COCHICAさん、松江市 HakuSenさん、松江市 yadorigiさん、益田市 喫茶トラカイさん



◆ワークショップ参加募集!(要予約) 
日時:11月24日(木) 10:30〜12:00
- - ローカルフードの休日ごはん メニュー(予定)- -





*満席になりました。
・すべて島根素材で作れる和風ケークサレ(材料の都合により変更になる場合があります)
・お豆を使ったコトコトスープ
・きのこポン酢と温野菜サラダ
・デザート

講師:上野星紗さん 
内容:島根の乾物やお野菜を使ったお料理とデザートを作ります。
ブランチやお昼にちょうどいいケークサレとスープを、島根の素材を使って作ります。ワークショップ終了後は皆さんでおいしくいただきます。
参加費:おみやげ付き 2,800円 先着8名さま限定 
お申し込み期間:2016年10月24日(月)お昼12時〜定員になり次第締め切り


※定員に達した時点でホームページ上に表示をさせていただきますが、
時間帯によってはすぐに受付終了の表示が出せない場合があります。
また、サーバーへの転送時間の関係などで時間差が生じる場合がございますので、ご了承ください。
※開催日の3日前まではキャンセル料は発生しませんが、それ以降は食材を調達する関係上、
キャンセル料として料金の半額をいただきますのでご了承ください。
万が一キャンセルされる場合は、メールにてご連絡ください。

※お子さまのいらっしゃる方へ
「シマシマしまね」には、保育施設や託児サービスなどはありません。
このワークショップの前身である「くらしの学校」の頃から、参加者ご自身が日常を離れ、
「自分の時間」を持ち、新たな学びを取り入れることでより豊かな暮らしができるのではないかと考え、
このような方針をとらせていただいています。
そして、この方針を「シマシマしまね」のワークショップでも引き継いでいきたいと考えております。
お子さまを預けてのワークショップにご参加いただくことはご不安やご不満もおありかと思いますが、
どうぞご理解をいただき、存分に自分自身のための時間をここで過ごしてお帰りいただけたらと考えています。

*そのほか 展示など

OPEN: 11月23日(火)祝、24日(水)10:00〜16:00
19市町村のいいものを集めた展示販売があります。
会場:シマシマしまね(雲南市大東町畑鵯733)
※駐車の際はスタッフの指示に従ってください。

 
より大きな地図で シマシマしまね を表示








EVENT 2015




2005年にスタートした「くらしアトリエ」。
おかげさまで今年、10周年を迎えることができました。
そこで、支えてくださった皆さまに感謝の気持ちを込めて、ささやかなイベントを企画しました。
今までも、これからも、「暮らし」を豊かに、地域を楽しく、の思いを込めて…。
深まる秋を感じに、はたひよどりへどうぞ、お越しください。

- - - イベント内容 - - -


◆イベント日時 2015年11月20日(金)、21日(土)10:00~16:00
*ふるさと勉強会 特別授業
勉強会の日時:11月21日(土) 13:00〜15:00
ゲスト:石村由起子さん(奈良「くるみの木」オーナー)
テーマ:「暮らしのこと、暮らしの中のデザインのこと」
参加費:お茶菓子・おみやげ付き 3,500円 先着30名さま限定 
お申し込み期間:2015年10月26日(月)朝9時〜定員になり次第締め切り


定員に達しましたので、募集は終了いたしました。
ありがとうございました。


※定員に達した時点でホームページ上に表示をさせていただきますが、
時間帯によってはすぐに受付終了の表示が出せない場合があります。
また、サーバーへの転送時間の関係などで時間差が生じる場合がございますので、ご了承ください。

*くらしと、つくるのお店 with 奈良くるみの木
OPEN: 11月20日(金)10:00〜16:00、11月21日(土)10:00〜13:00
山陰各地の作り手による手仕事の作品やおいしい食べ物のほかに、
奈良の雑貨店「くるみの木」のオリジナル商品も店頭に並びます。

*そのほか 展示など
OPEN: 11月20日(金)10:00〜16:00、11月21日(土)10:00〜13:00
ご来場いただいた皆さまへささやかな「おふるまい」を予定しています。
会場:くらしアトリエ(雲南市大東町畑鵯733)
※駐車の際はスタッフの指示に従ってください。




2015年3月9日(月)から広島県三次市のmugi mugi cafeさんで、
2015年3月21日(土)から松江市のivi cafeさんで「融通の利かない、かばん展」を
開催しました。たくさんのご来場ありがとうございました!



「融通の利かないかばん展」イベント内容 
 ◆日時 2015年 3月9日(月)〜3月15日(日)
 ◆場所 広島県三次市三次町1545 mugi mgugi cafe
   営業時間 11:00~18:00 TEL:0824-63-5528 休業日 水曜日
さらに!
◆日時 2015年 3月21日(土)〜4月5日(日)
 ◆場所 松江市馬潟町338-1 ivi cafe
   営業時間 11:30~19:00 TEL:0852-37-2001 休業日 木・金


*mugimugi cafeさんの方では、かばんや、定番雑貨のほか、パンをテーマにした新作樹脂ボタンの販売なども行います。数に限りがございますので、売り切れの場合はご了承頂きますようお願い申し上げます。
*上記のかばんは、いろんな人に「どんなかばんがあったらいいか」をインタビューして、「空想上のかばん」をメモした時のイラストです。
展示については、インタビューした「空想上のかばん」からいくつかを実際に形にして、展示・販売しています。

「融通の利かないかばん展」って何?
【暮らし】を、かばん、という観点から見てみたら
その人の、こだわりや、大切な時間が見えてきました。

展示してあるのはかばんですが、私たちが伝えたいのは、かばんを通して見えてくる「自分の暮らし」「その人の暮らし」です。

かばんという「暮らしの必需品」を通して、いろんな人の、いろんな「大切」が見えてくる…そこにあるおもしろさやこだわりを楽しんでいただきたい、というイベントです。

この企画展のために、たくさんの皆さんに「どんなかばんが欲しい?」という質問をしてきました。
「私だけのかばん」について語る、その人の楽しそうな表情と、それを聞いている人の「…そんなの、いるか?」という微妙な表情。

これら皆さんの「こんなかばんが欲しい」という空想から、いくつかを形にして販売します。
「そこ大事?」と突っ込みを入れたり「偶然!私もそんなかばんが欲しかったんだよね」と感じたり、楽しみながらご覧ください。

展示をご覧になって「自分ならこんなかばんが欲しいな」というものが心に浮かんだら、そこにはきっとあなたの「大切な時間」「大切な暮らし」が隠れているのだと思います。

このほか、くらしアトリエの定番商品(エプロン、オリジナルボタンなど)も販売します。








 




くらしアトリエの朝市は、山陰各地の「おいしいもの」「いいもの」を皆さんにご紹介するとともに、
「美しい山陰の風景」や「あたたかな人たちとの出会い」に触れていただき、
”明日からの暮らしを楽しむヒント”を持ち帰っていただくことを目的としたイベントです。
作り手の皆さんの思いをそのまま、商品に乗せてお届けできるよう工夫しています。
また、生産者の方にテーマに沿った商品をお願いしたり、コラボレーションをしたりと、
朝市に関わる作り手・お客さま双方に喜んでいただけるような場所づくりを心がけています。

毎回、会場を変え、会場ごとにテーマを決めて開催しています。
以下のリンクからそれぞれの朝市をご覧ください。
朝市ごとにテーマに沿った名前をつけています。
名前から朝市の雰囲気をイメージしていただけるとうれしいです。

-- 過去の朝市 2007〜2013年 --


・2013 11月 「紅葉と手しごと朝市」 
場所 雲南市掛合町入間 テーマは「糸へん」 秋深まる掛合町入間。
古い学校をリノベーションした建物を会場に、「糸」にまつわるものづくりや糸へんの食べ物、
作り手の皆さんの「繋がり」を感じる作品たちをご紹介しました。

・2011 11月 「秋のおむすび朝市」
場所 松江市西長江町 テーマは「お米!」秋の田んぼを舞台に、とことんお米にこだわって開催。
「おむすび食堂」や玄米酵母のパン、お餅など、お米のおいしさを感じる食べ物たちが並んだほか、
「おむすびすごろく」でのスタンプラリーもお楽しみいただきました。


・2010 4月 「はるいろ朝市」
場所 松江市島根町小波海岸 テーマは「こなみピクニック」。小波の美しい海を背景に、
山陰各地からたくさんの商品が集まりました。予約制での朝ごはんや、シーグラスを使った通貨での
お菓子屋さんなど楽しい試みも。午後からは「ふるさと勉強会」も開催しました。

・2009 7月 「夏休みの朝ごはんと、ちいさな朝市」 
場所 雲南市大東町畑鵯 テーマは「夏の朝を楽しむ」。はたひよどりでの初めての大きなイベントでした。
あいにくの雨模様でしたが、雲が山に下りてきたような幻想的な風景のもと、マルシェも開催。
朝ごはんでは夏野菜をふんだんに使ったラタトゥイユが好評でした。


・2008 11月 「落葉とおさんぽ朝市」 
場所 雲南市吉田町 テーマは「秋の路地さんぽ」。歴史ある吉田の街並みが会場。
本通り通り沿いの民家がお店やワークショップ会場になりました。縁側でお餅を焼いてもらったりと、
ちょっと懐かしい雰囲気を味わっていただきました。

・2008 4月 「海辺のピクニック朝市」 
場所 松江市島根町桂島 テーマは「海辺でピクニック」。地元島根町の食材を使った「海の朝ごはん」や、
山陰の恵みを感じられる「海のおにぎり、山のおにぎり」などが並びました。
シーグラスを使ったアクセサリー作りのワークショップもご家族に楽しんでいただきました。


・2007 11月 「森の冬じたく朝市」
場所 雲南市木次町 健康の森 テーマは「暮らしの冬じたく」。あたたかなひざ掛けや雑貨など、
冬の暮らしを楽しむためのものが並んだほか、コロッケやキッシュなどのおいしいものも。
「ルームシューズ展」では全国から作品を送っていただきました。

・2007 5月 「お花マルシェの朝市」 
場所 米子市西福原 'tis clay駐車場にて くらしアトリエの朝市の原点となったマルシェです。
パンや牛乳、ビスコッティといったおいしいもの、暮らしを楽しむお花や雑貨をご紹介。
初夏の大山も遠くきれいに見える中、楽しい時間を過ごしていただきました。

レポートはこちら→



過去のイベント

・2014 10月 くらしアトリエが企画を担当した畑展望公園まつりを行いました。
・2014年 5月 アトリエのある雲南市大東町畑鵯の畑展望公園でイベント「森の休日」を行いました。
・2014年 1月 米子市の生活雑貨店「'tis clay」さんで「くらしと、つくるのお店 in'tis clay」を行いました。
・毎年10月にアトリエのある雲南市大東町畑鵯の自治会主催のお祭りに参加させて頂いています。
そのほか、過去のイベントは下の写真をクリックしてご覧ください。