自分たちが本当に伝えたいことを、きちんと伝えるためのイベント。
 そんな気持ちで、この日を迎えました。

 「くらしの学校」は、あたためていたこと。ずっとやりたかったこと。

 大人だって、楽しく学びたい。

 

 学ぶことから気づき、それをまた明日からの暮らしに生かすことができる、
 そんな場所がほしい。

 大人だからこそ、本当にやりたいことにまっすぐに、でも楽しみながら歩いていきたい。

 その第一歩が、今回の「くらしの学校 文月」です。


 普段の暮らしの中で、ちょっと立ち止まって考えてみたり、振り返ったり。
 気づきのきっかけになるような5つのワークショップを企画しました。

 真剣に講師の方のお話に耳を傾ける方、実践しながら「楽しい〜!」と笑顔がほころぶ方。
 いろんな表情を拝見することができました。

 学ぶって、いろんなスタイルがあるんだな。
 学ぶって、やっぱり本来楽しいものであるべきだな。

 そんな、当たり前だけど大切なことをあらためて感じた1日でした。



 フラッシュでその様子を綴っています↓
 (下のアイコンをクリックしてください。画像の右をクリックすると次ページへ進みます)

  

 ‥いつもとはちょっと違う朝市。

 今回の朝市は、いらっしゃってくださった方々お一人お一人に、
 ちゃんと「来てくださってありがとう」が言いたくて、予約制にさせていただきました。

 

 告知もホームページのみ。特に宣伝もせず、フライヤーも置かず、
 日頃サイトをご覧いただいている皆さんに、感謝の気持ちを込めてのイベント、
 という意味合いが強かったようにさえ思います。

 いつもの、たくさんの方にお越しいただく朝市の良さとはまた別の、
 気ぜわしさのない、ゆったりのんびりした朝市。

 それは、アトリエのある「はたひよどり」を会場にしたい、と
 思ったときから決まっていたことでした。
 この土地だからこそできる朝市を…と考えたとき、
 おのずと答えは定まっていたように思います。

 「はたひよどり」はちいさな集落。その中にある公園は、
 地域の皆さんが、昔ながらのつながりで、いたわり合いながら守り継いでいらっしゃいます。
 公園からの素晴らしい眺めは、地域の皆さんの自慢であり、誇りでもあります。

 初めてこの公園を訪れたとき、いつかこの風景の中で、
 私たちならではのイベントができたらいいな、と思いました。
 それは自分たちにとっては淡い希望で、どうやったらそんなことができるのかさえも
 分かりませんでした。

 


 数年後、それは現実になり、公園は私たちにとっても自慢であり、誇りになりました。
 縁って不思議だなあ…と思います。

 今回のイベントに際しては、地域の方々に本当にお世話になりました。
 前日のテントの設営やベンチの運搬、草刈り。
 当日は、駐車場の誘導や後片付けも。

 すべて、私たちだけでは何ひとつできなかったことを、
 いとも簡単にこなしてしまうおじさんたちのパワーに、ただただ尊敬の念を抱くばかりでした。

 実は、「くらしの学校 文月」が終わった時点でかなりの雨が降って、
 次の日の朝市をどこでどう行うのか、スタッフ間でかなり悩みました。
 雨が降っていては展望公園での開催はできないから、
 アトリエで規模を縮小して開催することも考えました。

 でも、テントの設営のため展望公園まで上がったとき、
 県道からの遊歩道がとてもきれいに草刈りされているのを見つけたのです。

 

 テントの設営にも多くの方が集まってくださり、抜群のチームワークで
 あっという間に終わってしまって、
 「何で皆さん嫌な顔ひとつせずに頑張ってくださるんだろう」と考えるほど。

 きっと、地域の皆さん、ここからたくさんの人が登るのを楽しみにしておられるんだろうな。
 そう思うと、何とかして展望公園に上がっていただくようにしなければ、と
 考えるようになりました。

 結果的に、物販は公園のテントの下で行うことに。
 霧が晴れず、白いもやの中での開催でしたが、来てくださった皆さんが、
 次はお天気のいいときに、ご家族やお友だちと一緒に
 また公園を訪れてくださることを、願っています。

 アトリエからの風景を「素敵ですね」「別世界です!」と楽しんでくださる
 皆さんを見るだけで、うれしい気持ちでいっぱいになりました。

 

 朝ごはんをゆったりと召し上がる皆さんや、マーケットで一生懸命本や
 ボタンを選ぶ方々を見かけると、こちらまで幸せな気分になりました。

 「頑張ってくださいね」「またやってください。期待してます」という声をかけていただき、
 応援してくださる皆さんとじかに触れ合えました。

 今までの朝市とはまた違った、ゆるやかな時間がそこにありました。

 これからも、この土地からいろんな発信を行っていけたらと思っています。

 画像で見るレポートはこちらのアイコンをクリックしてください↓
 (画像の右をクリックすると次ページへ進みます)

  

 主催 特定非営利活動法人 くらしアトリエ

 出店 西製茶所、ラ・クレームデ・クレーム、コウボパン小さじいち、      
    はしまん、ティズクレイ、お花マルシェ、畑自治会

 スタッフ 法人スタッフ
       ボランティアスタッフ
       ラ・クレームデクレーム
       はしまん

 協力 畑自治会

 Special thanks 全国から絵本と本のマーケットに寄付して下さった方々。
 アンケートやメールなどで寄せられたご意見・ご感想

 ・くらしの学校、ぜひ受講してみたいです。
 ・くらしの学校の分校をやってほしい。例えば倉吉など。
 ・使い古しのタオルを使った草履とかおしゃれな雑巾作り
 ・久しぶりに調理実習のような体験をしました。楽しかったです。
 ・Rさんの木工ワークショップを受講してみたいです。
 ・アトリエからの風景に癒されました。
 ・去年の朝市のパンやコロッケがおいしかったです。
 ・前みたいにウインナーを扱ってほしい。
 ・規模がちいさな朝市、今までと違ってゆったりと商品を見ることができて楽しかったです。
 ・朝ごはんがとてもおいしかったです。
 ・冷やしぜんざいが絶妙のおいしさでした。ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
 ・道案内の地域の方がとても親切でした。
 ・畑展望台は霧の海、急坂を登ったところに白いテントと人を発見、ホッとしました。
  霧に浮ぶ花が幻想的て何か得をした気分になりました。

 ご意見・ご感想ありがとうございました。今後の学校・朝市開催への参考にさせて頂きます。

                   特定非営利活動法人くらしアトリエ スタッフ一同